登場する人名・団体名などは全て架空のものです、たぶん。


by akeno_h
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2004年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

馬刺

ついこの間、生まれて初めて馬刺を食べた。
想像より200%増(当社比)で美味しかった。

競馬が大好きな人もいれば大嫌いな人もいる。
同じように馬刺が大好きな人がいれば大嫌いな人もいるだろう。

「同じ馬に生まれたのに、馬刺になってしまう馬は可哀想に」
と思いがちだが、馬刺が大好きな人にとっては相当感謝である。

競走馬になる馬と、馬刺になる馬と、
どっちがどうとは言えないなと思った。
[PR]
by akeno_h | 2004-10-18 19:05 | その他

温度計について

私の部屋には温度計がある。
ピーターラビットさんのイラストが入ったもので、100円ショップで買ったような安物のフックで壁にかけてある。

(関係ないけど、最近の若者{定義は?}は「100円ショップ」って言わないらしい。
「ヒャッキン」で統一とか。
まぁ「最近の若者」とかひと括りにしてみましたが、ただ単にこの間
『100円ショップとか言ってるの久々に聞いたーー、オカシイよねーー、普通ヒャッキンだよねーー』
『ねーー』
とか言ってる女の子たちを見た、ってだけなんですけどね)

ところでこういう室内に何気なくかけた温度計、実際全然用無しの一品だ。

まず、ほとんど見ない。存在を忘れている。
次に、フとした時に気が向いて見てみても「だから何?」ってかんじで感動が無い。
そして、ちょっと自分の体感温度と違うような数値を指していようものなら
「えー、壊れてる」 とかなって全然信用出来ない。

嗚呼、温度計の悲劇よ。

ちなみに今、ピーターラビットの温度計は22度を指している。

ふーーーん。
[PR]
by akeno_h | 2004-10-14 17:41 | その他

くだらないなぞ

アンパンマンはジャムおじさんが制作したものだ。

ジャムおじさんは、まんまパン屋っぽい風貌をしている。
しかし店舗というものを見たことがない気が。
工場はあるみたいだから卸専門…?

そしてバタ子さんは何者?
ジャムおじさんのことを「ジャムおじさん」と呼んでいることから察するに親子、はたまた孫等ではないだろう。

姪……?

でもチーズという犬を飼っていることから察するに、
一緒に住んでいる可能性が高い。
しかも二人きりだ。
怪しい。
しかしアンパンマンは子供向けのはずだ。
住み込みのバイト……は犬は飼えないだろうし…。

やはり姪説が有力だ。
だとしたら
「ジャム伯父さん」
なのか
「ジャム叔父さん」
なのかハッキリさせてほしいところだ。

そしてジャムおじさんがアンパンマンを作ったというのは多少ムリがあるにしても
まぁよしとしておいといて、
食パンマンやカレーパンマンは……?

天丼マンは天丼屋のおじさんが作ったのだろうか。
[PR]
by akeno_h | 2004-10-06 22:14 | その他
世の中にはいろいろな「もの」がある。
人は「もの」に囲まれて暮らしている。
「もの」は大きく分けて二つ。
人間が作ったものとそうでないもの。

例えば自分の部屋を見渡してみよう。
ほとんどの「もの」は人間がつくったものだ。
私の部屋の場合でも愛犬チケット以外は全て人工物のように思われる。

まぁごくたまに「石集めが趣味」の人とかで、
部屋中自然物たっぷり、ってな人もいるとは思うが。

そんな人工物の中でも、最新のものほど、次々と違うものへ移行していっている気がする。
例えばケータイ、パソコン、テレビ・・・・
ビデオなんかは既にDVDよりシェアが少ない。
あと10年もすれば消えてしまうのではないだろうか。
事実、今時カセットテープで音楽等を聴いている人はごく少数だ。

この原因はハッキリしていて、それはこれらがまだ「進化中」のものだからだ。
新しいケータイ、パソコンを買う。
それには無かった機能を追加した新機種がすぐに出る。
ただちにとはいかなくとも1年2年もすれば買い換えてしまう。
新しいものを買ったハズなのに、すぐに取って代わられてしまう。

しかし、ちょっと引き出しでも開けてみよう。
爪切りがある。クリップがある。ホチキスがある。ハサミがある。
よく見ると、「1年1組~~~」と記名してあったりする。
一体何十年使っとんねん、と思いつつもなかなか買い換えない。
これは、これらのものが「進化の最終形」であるからだろう。
デザインこそ変われど機能としては変わらない。

ケータイやパソコンのように次々と新しい機能を付け加えていくと、
前のものが劣って見え、買い換えたくなってしまう。
複雑さを自ら求めてしまう。

けれど「爪切りとクリップとホチキスとハサミ、全ての機能を持っています」
なんていう十得ナイフ(懐かしいな)のような代物が出来ても、
何故だかそれは普及しない。
取って代わられない。

複雑で煩雑なものが蔓延っている今現在、
一つのことしか出来ない単純でシンプルなものもそこにいてほしいと思う。

人の心も常に複雑では疲れてしまう。
あまり考えなくていいシンプルな時間こそ大事にしたいと思うだろう。

しかしその人工物であるところの「もの」。
当然ながら全て人間が作っているのに、このような差があるのはなんとも不思議だ。

いくら新しいケータイやパソコンその他が欲しくとも、
「もの」にも休息を求めているのかも知れない。
[PR]
by akeno_h | 2004-10-05 18:46 | その他

1:47

深夜。
いーよなー、のお時間にこのブログはスタートしました。
でものろたら書き込んでいるうちに、いーよなーの時間は過ぎて、
1:49、いよく、意欲になっちゃいました。あは。
なんて言ってる間に1:50・・・1:51・・・いやん。
記念すべき。
記念にするべきだ、という強い命令。
[PR]
by akeno_h | 2004-10-05 01:51 | お知らせ